カテゴリ:マナーのお勉強( 37 )

フランスのマナー&プロトコール

b0016416_737061.jpg

一昨日、何気なくシャッターを押したのですが
ちょうどいい私のプロトコール資料に


ビジネスミーティング前に
ランチをとりながら資料チェック中の栗さん


フォーマルな場面や
格式の高いレストランでは


フォークを右手に
持ちかえて食べることはNGなのです


カジュアルな席にとどめてくださいね
ちなみに実はフランスでは有りなのですが


イギリスではタブーで嫌われます
これがお国によってマナーが異なるということ


プロトコール(国際水準マナー)でも
ナイフとフォークはペア使用必須です


プロコールをわきまえておくと
お国によって
レストランのジャンル別によって
使い分けられて堂々と振舞えます


カジュアルな場面では
お心も振る舞いも
空気にあわせてカジュアルに


自分もお相手様も大切に
その場の空気を温かく
一つにしていくことが


プロトコールで大切とされること
また人として大事なことですよね


今日も最後まで読んで下さって
ありがとうございます



皆様の今日が
ますます幸福に満ち溢れ
光り輝く素敵な一日になりますように
by revesdeviestudio | 2012-09-30 07:41 | マナーのお勉強

お食事で最も大切なこと

b0016416_648573.jpg

いつもコメントをありがとうございます
とっても嬉しいものですよね


お心とお時間を頂いたのですから
ありがたいことだなぁと顔を緩ませながら見ています


facebookに限定されますが
コメントのなかにはお返事しないと、、、


というものも、中にはあって
出来る限り時間差は生じても


なんらか解決のヒントに
してもらえるよう


していきたいなぁ
していかないとなぁ
と思っています


それで早速、
お食事についてですが


自分が食べきれない分を
相手に食べてもらったり
お皿を交換したり、、、、これはアリですかの問い


これはフォーマルな席では
なさらない方がいいですよ


最も大切なマナーは
「残さないこと」


世界水準でご活躍される方々は
たいていこう仰られます


「何でも食べられるように育ててくれた母に感謝しています」


そう既に小さな頃から
マナーとして身につけられています


さらに、プラスすると
皆さん召し上がるスピードも速いです


出来たてのお料理を美味しいうちに
食するのがシェフへの敬意の表れだからです


そしてお食事の時間は会話を
楽しむためでもあるからです


ご興味を持って下さって
本当にありがとうございます


私の身上と重ねて
プロトコール(国際水準のマナー)を
身近に感じられるようお伝え出来ることが嬉しいです


皆様の今日がますます
幸福に満ち溢れたものとなりますように
by revesdeviestudio | 2012-09-27 06:58 | マナーのお勉強

ドレスコード

b0016416_1316333.jpg

空高く澄み渡り、秋の深まりを感じるこの頃、、、
キャミソールで過ごしている私に


「智ちゃん、ランニングで寒くないの?」
ず、ず、ずいぶんな表現に爆笑しましたが


我が家の室内のことですし
近しい方はご存知のように


滅多にノースリーブは着ません
着るときは夜くらいです


海外に行くと
安全性の面からも


露出は控えることは
暗黙のルールですが


プロトコールでも同じです
ドレスコードはパーティだけに
限られたものではなく


T:時間
P:場所
O:場合


で、共通の認識と親しみを
持ち合うためのルールです


で、お昼間ほど
原則身を覆います


私は無宗教ですが
宗教以前の原始の頃から


人は太陽を神と崇め
神に対して、人間臭さを消すために
覆ったのです


プロトコールについて
世界水準のマナーの真意を学ぶと
人間を探究しているようで


私が魅かれて
学んでいる理由です


さあ、これから高齢者施設で
いつものアロマセラピストワークです♪


皆様の今日がまた光り輝く
素晴らしい一日になりますように~
by revesdeviestudio | 2012-09-26 13:16 | マナーのお勉強

国際化の波

b0016416_763531.jpg

昨日は素敵なランチ会に
出席させて頂きましたよ


ちょうど先週の土曜日に
声なき声、音なき音、心が念じたわずかな想いを
感じるのが観音さまとお伝えしましたが


やはり心の音が届いたのか
ランチ会の主宰者は9.11を体験され


生存された自分に課せられたこととして
日本人のグローバル化に使命を感じ
ご尽力されている素敵な女性です


日本人のプロトコール(国際水準マナー)の
必要性を感じている私とフィットして
偶然の出会いに感謝いっぱいです


日本は良心で和してきた
本当に素晴らしい国です


このことを大切にしながら
押し寄せる国際化の波に乗れるよう
日本に居ながらにして


開かれた心のパスポートとして
プロトコールを身につけられると


国内外で、自由&幸福に羽ばたけることを
確信いたしました


なぜなら心も振る舞いも
自信に満ちているからです


語学力ではありませんよ


みなさま、どうぞ素晴らしさに
光り輝く素敵な週末を過ごしましょうね~
by revesdeviestudio | 2012-09-22 07:13 | マナーのお勉強

お米の精神

b0016416_6424337.jpg

おはようございます
なんと早くも週末です


昨日は美味しい、鮭を瞬間薫製にしたタルトを頂きました
本当にスタッフの姿勢&顔晴りに感謝です


鮭もそうですが、実りの秋といえば
やはり日本はお米です


みなさまが意識しようとされまいと
日頃、ご飯から離れがちの食生活であろうと


これは脈々と私たちに流れている
日本の文化であり、受け継がれている精神です


みなさまの心がどういう状態であろうと
きっと何らかの高潔な精神を秘めてらっしゃることでしょう


この精神は
米が青々としている様だということを


お気付きでしたでしょうか
凄いですよね


みなさま、連休そしてまた週末と
余暇続きですが


お米に見習って、実り豊かな生き方を
そして実るほどに謙虚な生き方をしてまいりましょう


素晴らしい週末を~
by revesdeviestudio | 2012-09-21 07:07 | マナーのお勉強

プロトコール

b0016416_637342.jpg

みなさま連休が明けて
素晴らしい一日のスタートですね


私の連休は
夫は仲間と研修旅行
お店はお休み返上でオープン
私は高齢者施設でアロマセラピストワークで


今日が、お休みなのです
と言っても、私はプロトールのレッスンday


プロトコール=国際水準のマナーを
そのルーツ、精神性から学んでおり


師と弟子の
まさにマンツーマン・レッスン


でも誤解しないでくださいね
“マナー”とつくと、
しかも“国際”なんてつくと、


ドレスを着て、シャララ~っと
妄想されている気がしなくもないですが


プロトコールの根底に流れる哲学の一つは
「プレーン・リビング&ハイ・シンキング」


ドレスはプレーンな装いではないですよね^^
服装については、TPOがありますが、、、


日々、国際化の時代を感じます


世の中の平和に、自分の心の平和からも
貢献していきたいと思います


どうぞ爽やかな週明けをお過ごし下さいね
by revesdeviestudio | 2012-09-18 07:09 | マナーのお勉強

ゴミを拾う

b0016416_6264979.jpg

夫が電話で話していた会話に爆笑
「俺、すっとぼけていて、、、」


私が、すっとこどっこいなのは
すでにご承知済みですが


夫婦揃ってとは!!
本当に笑えます


けれど、こんな話があって
ゴミ箱にゴミを上手く投げられる技術より


投げたゴミが外れたり
他のゴミがこぼれちゃったりして


それをちゃんと拾いに行けるか
片付けられるか


それが大切で
尊敬される人だということ


しかも愛される人だと思います


夫も私も、外しては
とぼとぼ拾いに行って


笑いあっていますが
片付ける勇気の出る話だなぁと思ってシェアです


ストライクだけの人なんて居ませんし
元気になります


みなさまの今日が
連休のかたもそうでない方も
ご多幸いっぱいでありますように
by revesdeviestudio | 2012-09-17 06:57 | マナーのお勉強

25ans『Treasure』チャリティレポート

b0016416_7124125.jpg

中国北京でのボランティア活動が
25ans『Treasure』チャリティレポートで取材されました


私が所属する、フェリシモしあわせの学校の
陰徳活動ですので、UPするのを躊躇していましたが


支えて下さる方々、
協働の仲間たちあってこそですので


ご報告と感謝の意をこめて
お伝えさせて下さい


プロトコール(国際水準マナー)の師が
私の活動を編集部の方へ触れて下さったことから


華々しいお取り上げになってしまいましたが
ボランティアですから


旅費、宿泊費、中国でのアロマ資材も
すべて自分持ち、、、荷物持ちも!!(爆)


目指すは東アジアの公共幸福で
北京はほんの一里塚


私はここまででいいかなって
思っていたのですが


仲間のモチベーションの高さと
夫を筆頭にこの活動を称えてくれる存在に


な、なんと、もっとやろうという気に!!
ほ~んと自分でびっくりです


こんな私です、やる気満々のように
妄想されている方々が居られたら


勘違いですよ~
いつも押されて、出ていく感じです


仕事の報酬は仕事と言いますが
そのような感じです


でもその気になる自分も単純で
笑えます


けれど言えることは、公共幸福、
世の中の幸せのためにお役に立ちたいという心は
ずっとあるということ


声なき声、音なき音、心が念じたわずかな想いを
感じるのが観音さまです


だから、音を観ると書くのです
そして、すべては心からと実感させられている私です


どうぞ、心から幸せを感じる
光り輝く素敵な連休をお過ごし下さいね
by revesdeviestudio | 2012-09-15 08:07 | マナーのお勉強

民族の視点

b0016416_646386.jpg

日本人は農耕民族で、打ち解けた世界の友人たちと
お話ししていると話題にのぼる一つです


狩猟民族との違いになるわけですが
騎馬民族、遊牧民族、、、も居て


大きく前述の2つに分けられるようです
異文化圏に触れるか触れないかの違いは大きいですね


私たち日本人は、同じ土地に代々定住して
顔見知りや家族単位で暮らし
口数が少ないことをよしとする和人です


また、私の哲学の師はアメリカでの暮らしが長く
あちらの方々を幌馬車文化と例えられ
お互い幌馬車で大陸を行き来するから


オープンハートで情報を交換し合ったと
聞かされた時は、なるほどと合点がいきました


まして交易の民は、交渉の場では
寡黙は、損と誤解と敵意を招きかねません
雄弁なのも頷けます


皆さま、時代はインバウンドして
日本も国際化が進んでいます


ちょっと、以上のことを知って
ほっとして頂ければ嬉しいです


黙ってちゃいけないって
勝手に話そうとする場面があるかも


外国語に堪能でなくとも
私たち日本人は真の国際人になり得ると
私は確信します


私のあらゆる経験で、貢献できますように
皆さまにご多幸が満ち溢れますように


 写真は、週末のデザートから 
りんごと金時芋のタルト カモミールソルべ添え
by revesdeviestudio | 2012-09-11 06:52 | マナーのお勉強

口中調味

b0016416_6533412.jpg

食べる順番ダイエット
これってフレンチを食べても太らない


フレンチパラドックスの証明だと感じています
そもそも、日本人の食べ方は「口中調味」で


ご飯とおかずを交互に口にし
口の中で味をブレンドさせながら食べる方法です


欧米人にはマネできない食べ方です
だから私のフランス人の友人たちは
大皿で取り分けで食事の仕方が苦手のようでした


友人とお料理をシェアするのも苦手
友人と分かち合うのが嫌なのではなくて
味が混ざることが嫌なのです


口中調味は、
ご飯というニュートラルなものを
間に入れて自分で味付けし


食を通じた人間教育でもあったようです


「ばっかリ食べ」で、
感覚が西洋人化していることを
危惧される方も居らっしゃるようですが



日本では世界一、残飯が多いようで
西洋の方が少ないですから、、、



これもまた、食のマナーの違いの一つです
国際水準のマナーが必要とされる場面と判断した際は


「大切なのは、残さないこと」


先日もお話ししたばかりですが
昨日、Ailaスタッフと
新作「トピナンブールのスープ」から


我が国の「口中調味」文化について
フレンチとの違いを語ることになってしまい


ここでもお話しさせて頂きました
日本とフランス、両方、大好きです


皆さま、他人様との違いを認めて
ともに幸せになる幸せを大切に、新たな一週間をお過ごし下さいね


写真のお料理もAilaディナーメニューの新作です
ほろほろ鶏のバロティーヌ フォアグラ添え トリュフソース
by revesdeviestudio | 2012-09-10 06:59 | マナーのお勉強